この髪の毛をまあいいかと思えるようになったのは本当にここ数年のお話です。

小学校3年生まではサラッサラのストレートヘアでした、

5年生のある日、ショートヘアにしたところ突然クセ毛になりました。

どうやら思春期に思い切ったことをするとそんなことも起こるようですよと、大人になってから美容師さんが教えてくれました。

中学・高校とクセ毛が気になって、霧雨の日やプール授業の日は大変憂鬱だったものです。

家でドライヤーをかけた直後は絶好調なのに、一歩玄関を出るとあっという間にウネウネする憎きクセ毛。

ストレートヘアの友達はふわっとしていてカワイイと言ってくれましたが、クセ毛持ちからすると、かわいいふわっとヘアとクセ毛は全くの別物です。

さて大学に進学しアルバイトをして、当時出始めの「縮毛矯正」に憧れる日々。

当時の縮毛矯正の価格は4万円程、、、憧れたまま市販の千円ほどのストレートパーマ液でなんとかストレートヘアにしておりました、

やがて社会人になり、自由に使えるお金ができて、縮毛矯正の価格が1万円代に!

伸びてくると変な後がカックンとつく髪の毛にもめげず、まっすぐヘアをしばらく満喫するのでした。

時は過ぎ縮毛矯正をし続けた結果、友人が美容室を開業したので施術をお願いしたところ、中が空っぽで藁みたいな髪の毛の状態とのこと。

友人美容師に縮毛矯正を断られ、まずは髪の毛を健康な状態にしないと歳も歳だからそのうち薄毛につながるよと、アドバイスか脅しを(笑)受けたのでした。

バリバリ働き子育てをし、自分の手入れを後回しにした結果、髪は痛み、白髪が増え、頭頂部の白髪は若い時に紫外線を浴びまくったことが原因と教えてもらい、後悔すらできないのでした。横の白髪はストレスが原因だとか、、、転職して良かったなあと。でも白髪は元には戻りません。

さて現在はクセ毛が伸びカットをしてもらうを繰り返し、なんか髪の毛に指が通るとようやく実感。

クセ毛も髪の痛みが少なくなったせいか、少し穏やかになったような感じがしている日々です。

そういえば縮毛矯正に飽きてゆるいパーマをかけた時、キツさが取れていいよ、と周りの評価だったような、、、。

そうしてそのままの髪の毛を受け入れていくのでした。